生殖医療センターreproductive medicine

治療費についてcost of treatment

一般不妊治療に関しては、保険適応があります。(一部検査・治療を除く) 体外受精時の卵巣刺激の注射はお薬の種類や量により価格が変わります。

自費治療費一覧

治療 費用
人工授精(AIH) 精液検査 11,000円(税抜価格10,000円)
精液調整 11,000円(税抜価格10,000円)
注射・薬剤 5,500円(税抜価格5,000円)
体外受精 220,000円(税抜価格200,000円)
顕微授精 286,000円(税抜価格260,000円)
精巣精子回収法 165,000円(税抜価格150,000円)
受精卵の凍結保存と融解胚移植法
凍結保存 88,000円(税抜価格80,000円)
(追加培養・1年間保管料含む)
凍結期間延長(1年間保管料) 33,000円(税抜価格30,000円) 凍結更新書類はこちらから
※3枚目は保管してください
融解胚移植 110,000円(税抜価格100,000円)
精子凍結保存法
アシステッド・ハッチング 33,000円(税抜価格30,000円)
精子凍結保存法
短期凍結保存(1周期3か月以内) 5,500円(税抜価格5,000円)
凍結保存 22,000円(税抜価格20,000円)
(1年間保管料含む)
凍結期間延長(1年間保管料) 22,000円(税抜価格20,000円) 凍結更新書類はこちらから
※3枚目は保管してください

※別途、注射・薬・検査料がかかります。
詳細は、お気軽にお問い合わせください。

クレジットカードご利用についてcredit card

生殖医療センターでは、自費診療にかかる費用のお支払いの一部にクレジットカードをご利用いただける場合がございます。
お会計の際、お申し出ください。ご不明な点は、受付スタッフにお尋ねください。

不妊治療助成事業infertility treatment grant

不妊治療に対する自治体の助成金制度があります。 ※申請は特定不妊治療が終了した日の属する年度内(4月1日~翌年3月31日)で〆切となりますので、 ご注意ください。詳しくは各市区町村へお問い合わせください。

  • 県外の方 … 住民票記載の各市町村へお問い合わせください。

申告用紙は、各市区町村で発行されています(インターネットからのダウンロードも可能です)。
胚移植後の妊娠判定後に用紙をお持ちください。